Petržalka

金なし家なし語学力なしでひとりスロバキアに来てみて。

ポーランド無計画ホームステイの旅①

15日間の長い旅から帰還したけれど予想外の出来事もたくさんあってすべてを書ききれないなあと思っている。やはりブログとかは仕事と違って溜め込まないほうがいい。(仕事は溜め込んでから一気にやるのが良いのだと思いこんでいる) そもそもなぜまたしても…

Barbecueの季節

アフリカより暑いと噂の日本とはうらはらにスロバキアでは少し肌寒いくらいの気候が続いている。私の記憶では5月よりも涼しくなっている。このままどんどん寒くなることを思うと冬が怖くて仕方がない。スロバキアの冬はバスを待っている間に凍死すると言われ…

なぜスロバキアに?

こちらに来て二ヶ月が経ち、今のところスロバキアのことは好きになる一方です。そんなスロバキアに肩入れしすぎな記事はこちらです。 workingholidaynews.com ワーホリニュースにも書きましたがなぜスロバキアに?と会う人ほとんど全員に聞かれます。大した…

外国で初めてバイトをして思ったこと

働くことに対して良いイメージがなかった。お金を稼ぐことが少なからずストレスになることはもう理解している。ストレスと充実は常に比例しているため、お金を稼ぐこと、そして評価されることや必要とされることは常に大きなストレス、つまり責任とプレッシ…

【オーストリア】ヴァッハウ渓谷の葡萄園と廃墟

先日はオーストリアのヴァッハウ渓谷を訪れた。まずはブラチスラヴァからウィーンへ電車で一本で移動。私の家の向かいのペトルジャルカ駅から電車が出ているため、かなりお手軽に行くことができた。 往復で14ユーロ、2週間有効というフレキシブルな切符 ペト…

スロバキアワーキングホリデー

スロバキアのワーキングホリデーについていくつか寄稿しています。 ワーホリニュース|ワーキングホリデー専門ニュースサイト 今月からもうひとり、スロバキアにワーキングホリデーに来る方がいるそうです。たぶん私も入れて3人目?なのか。もっともっと増え…

言葉の壁はやっぱりある

そもそも英語がぜんぜんわからないのに、スロバキア語を勉強しようとしているのは無謀なことだと思う。たしかに、英語ができたら生活で困ることはほとんどない。ヨーロッパの人々にとって英語ができることは特別なことではないし、みんな時と場に応じてスロ…

日本とスロバキアの距離

スロバキアに住む日本人は200人いる。以前に大使館でそう聞いてはいたけど、街中では日本人はほとんど見かけたことがなかった。そのため日本人バーベキューに参加してたくさんの日本人に囲まれながら、みんなどこにいたんだよ!と思っていた。 聞けば、スロ…

やっぱり柴犬がいちばん

日本が誇るべきは、刺し身でも寿司でも天ぷらでもなく、柴犬だ! ブラチスラヴァで柴犬を見たことは一度だけある。柴犬を見つけたらいつも盗撮を試みるくらい、自称柴犬愛好家だ。 ブラチスラヴァに住んでいるエマさんと友達になった。エマさんは日本が好き…

ブラチスラヴァの好きなところ

先日は、知り合いのご家族のお子さんのピアノの発表会を見学した。芸術小学校の子どもたちの発表会で、だいたいの発表者は親子での連弾。数十年ぶり(言い過ぎか)に聴いたグランドピアノの生音は普段イヤホンから流れ出る質感に慣れきっていた身体に心地よ…

コシツェから世界一美しい廃墟を目指す

バンスカ・ビストリツァからバスで4時間。スロバキアの第二の都市、コシツェのターミナルに到着。 コシツェの駅は思っていたよりも大きくて、そしてブラチスラバよりも近代的な建物だった。少し離れて眺めると駅の向こうの山にはペトルジャルカ同様にひしめ…

バンスカー・ビストリツァで自然に癒やされて学生寮に泊まる

スロバキアは8つの県(Kraj)で形成されていて、バンスカ・ビストリツァはその中でもいちばん広い面積をもつ県である。 先日からブラチスラバに来ているサラさんはバンスカ・ビストリツァにある大学に通っている。プログラムが終了し、故郷であるポーランド…

ZOO Bratislavaで感じた日本とヨーロッパの動物園の違い

ブラチスラバ動物園ことZOO Bratislavaへ連れて行ってもらった。動物園が好きなのでかなり嬉しかった。しかもこの動物園にはパンダがいると聞いていたので、アドベンチャーワールド以外でパンダが見れることに胸を躍らせていた。入り口にはなぜか突如恐竜が…

ブラチスラバ観光(聖マルティン教会・ミハエル門・大司教宮殿・ブラチスラバ城)

ブラチスラバの旧市街は小さいが、教会や博物館、ギャラリーなどもたくさんある。旧市街への入り口となるミハエル門は、塔の中に入ることができて、内部は中世の武器博物館になっている。展示している武器の中には日本の刀などもある。 この旧市街のメインと…

言葉の壁なんてない!ポーランド人サラさんとの出会い

先日から家に泊まりに来ているサラさんは、1年前に私の部屋に住んでいたポーランド人の学生で、夏休みなのでブラチスラバに戻って来ている。そして彼女は日本語が堪能だ。 家主のピーターから話には聞いていたが、22歳で日本に行ったことのないポーランド人…

スロバキアと絵本と日本

芸術といえば、隣りのオーストリアやチェコを連想しがちだった。でもここスロバキアにも芸術の歴史はもちろん存在していて、スロバキアの生んだ芸術を目指して遠い異国の地からこの国を目がけてやって来るという人々もいるのだ。 私はスロバキアとチェコに在…

暮らし

私の家は、家主であるピーターとポルトガル人の女の子のカトリーナと三人で住んでいる。基本的にはお互いの生活に干渉するようなことは全くないし、そんなに顔を合わせることもないので、トイレとお風呂とキッチンが共有のとても綺麗なホテルに住んでいる感…

カオナシが好きなマドレーヌ

Facebookで部屋を探していたとき、マドレーヌという女性からメッセージがきた。なんでも彼女の息子さんが日本語を勉強していて、私にもぜひ息子さんを紹介したい!とのことである。そして、あなたはどこに住んでいるの?ブラチスラバのどこが好きなの?とメ…

クラクフ→アウシュビッツへ

翌日、無事に絵本作家の友達に再会することができた。クラクフの旧市街を観光し、初めてのAirbnbの宿に泊まった。実際に宿泊してみて思ったのだが、Airbnbはドミトリーに泊まるくらいの値段で個室に泊まることができるし、何より現地の人々のお家や暮らしを…

チェコ(ブルノ)→ポーランド(クラクフ)

ブラチスラバでの最後のホステルで出会った友達と、アウシュビッツにいくツアーに申し込んだ。彼女は今ワルシャワにいるので、クラクフで落ち合うことにした。 ブラチスラバからクラクフまではバスで11時間。よく見るとチェコのブルノというところで乗り換え…

陽気なイタリア人シルビア

スロバキアにきて初めての外国人の友達ができた。イタリア人のシルビアだ。彼女は、Facebookのブラチスラバの賃貸物件のグループで、部屋を探していた私にメッセージをくれた。彼女は半年前からブラチスラバに住んでいて、日本語を勉強していたことがあるら…

家賃が用意できない

この旅最大の大ピンチである。今日から入居というのに、家賃が用意できてない。そもそもクレジットカードのキャッシング設定がうまいことできておらず、こちらに来てから現金がおろせないという事態であった。 しかし日本円を多めに持っていたので、銀行でユ…

最後のドミトリーでの出会い

初めてドミトリーに泊まって以来、1泊10ユーロ以下のドミトリーを転々として来たが、最後のドミトリーは一番設備が悪かった。部屋は暗いし、シャワーはぬるいし謎のホームレスがテラスに住んでいる。でも、これで最後だから良いか、、と思い夕方、居合わせた…

川を渡ってPetržalkaへ

見学するその部屋は、ドナウ川を挟んだ向こう側の街にある。私はブラチスラバにきてまだ、旧市街のある中心地にしか滞在したことがなかった。その夜初めてバスで川の向こう側の街に渡った。 Petržalka(ペトルジャルカ)と呼ばれるその地区はかつては麻薬の…

部屋探しは振り出しに

翌朝大家さんからの連絡があり、もう一人検討中の人の入居が決まったということだった。私はこれにかなり落ち込んだ。また振り出しに戻り、このままホステル生活が続くのかと思うと“帰国”が頭をよぎる。。 必死でFacebookでも探したが英語でのメッセージのや…

憧れのシェアハウス

次の日の朝、湖の近くの一軒家の見学に行った。アクセスも良く、かなり新しそうな家だった。だるだるのTシャツを着た大家のおじさんが二階に住んでいて、とても気さくな良い人だった。すでにスロバキア人の女の人が二人住んでいるらしい。 私が見学に行った…

家探し

親切な方にたくさん出会うことができたものの、自分で何もしないわけにはいかない。Facebookのブラチスラバの賃貸情報のグループに参加し、投稿すると、かなりたくさんにメッセージが来た。中には、「家を紹介することはできないけれど、私は日本が好きです…

巡り合わせ

いよいよ本格的に、家を探さないといけない。普通は、語学学校に通って、そこからシェアハウスとかホームステイを紹介してもらえたりするらしい。 ビザを取得するのもそうだけど、何でもかんでもエージェントを通す必要はないと思っている。きっとそれしか手…

初めてのドミトリーで

予約していた宿はかなり見つけにくかった。チェックインをする際にレセプションで説明を受けるが2割程度しか理解できず、相変わらずの英語力の無さに打ちひしがれていた。 部屋に入ると屈強な欧米男子たちが談笑していた。今すぐ日本に帰りたくなった。こん…

三位一体教会

船の上で予約したドミトリーへ向かって歩く。共同宿というのは、私にとっては全くの未知である。男女混合複数の人間が同じ部屋で寝る、、、物を盗られたりとかいじめられたりするんじゃないかと、かなり不安になりながら歩いていた。 チェックインまでにはま…

船上に泊まる

歩いても歩いても、予約した宿が見つからない。地図の示す場所には明らかに何もない。2、3時間歩いた挙げ句、ふと川の方に目をやると、BAR RESTRANT HOTELの文字が。まさかと思ってレセプションで聞いてみると、間違いなく自分の予約したホテルであった。思…

我がままラーメン1,500円

ドナウ川の沿いに行ってみたいお店があった。中華や日本食を扱っているレストランである。その名も“wagamama”。 “wagamama ra-men”というのがあって、多分看板メニューなんだろうなと思って注文した。店員の可愛いお姉さんに「寿司はいらない?」と笑顔で聞…

ひとりでPub

ブラチスラバで初めてのホステルについた。宿主のおっちゃんが向かいにあるPubはスロバキアの伝統料理が安く食べれるから行っておいで〜!と言っていた。窓から様子を伺ってみる。地元民で賑わっていて日本人がひとりでいける感じのところじゃない雰囲気だ。…

体バキバキスロバキア!

やっとの思いでスロバキアの首都、ブラチスラバに到着した。ウィーンとブラチスラバは世界一近い首都同士であるが、その規模には圧倒的な差がある。この小ぢんまりとした駅についた瞬間、達成感で胸がいっぱいになった。何を隠そう私はこの数ヶ月、このブラ…

ウィーンで無賃乗車

恐ろしいくらいに無計画な自分に驚いている。ウィーン西駅はかなり大きい(私からすれば東京駅みたいな感じ)のに私はウィーンからスロバキアのブラチスラバへの行き方を全く調べずにホテルをでた。これだけ人がいるのだから誰かに聞けばわかるだろうとたか…

ウィーンのホテルにてオフライン宣告

ここまでの緊張感から解放されホテルに着くと気絶するように寝ていた。起きると夜遅くなっていて周辺の店はほとんど終わっていた。ウィーン西駅内のスーパーも8時までだったみたい。近くにあったケンタッキーで晩飯を買って、ホテルに戻ってきた。 なんだか…

ウクライナ→オーストリア

飛行機はウクライナ上空で安定している。北京からキエフ(ウクライナ)までは11時間。キエフからウィーン(オーストリア)は2時間。あと少しでウィーンに到着する。 ところで、キエフからは途端に欧米人だらけになり、それまで中国人に囲まれていた状態から…

中部国際空港→青島→北京

なぜここにいるのか、とかそういうことはすっ飛ばして(いつか説明するとして)私はオーストリアのウィーン国際空港を目指して、なぜか中国で2回乗り換えるというなかなかの苦行をしている。 それが一番安かったから、といっても69000円もしたしギリギリまで…